なぜ注目されているのか

男性

アパート売却は、自分ひとりの力ではなかなか行うことができません。ただ、法律上自分の力だけで行うことは禁止されていませんので、もし自分の知り合いの中でアパートがほしいと考えている人がいれば、不動産会社を仲介せずにその人に売却することも問題ありません。ただ、実際に自分の周りにアパートを購入したいと考えている人がいるかといえば、仮にいるとしてもよほどレアケースになるでしょう。それに加えて、重要書類なども間違いなく書かなければいけません。書類の作成をしたことがない人や知識がない人にとっては、とても難しいことと言えます。このように考えると、自分自身で売却する場合は非常に大きなハードルがいくつもあることがわかります。そこで、アパート売却専門の不動産会社を利用することで、比較的簡単に売却をすることができるでしょう。不動産会社の方も、それぞれ競争がありますのでいかにお客さんを獲得するかが重要になってきています。この時不動産会社が考えているのは、いかに簡単に売却をすることができるかでしょう。お客さんの方も、面倒くさい手続きをするよりも簡単にアパート売却を行うことができれば、それだけで大きなメリットがあると考えて簡単に売却できる会社を選ぶはずです。そのため最近は、手続きなどを簡略化し簡単に売却できるところが増えています。それが注目されている理由の一つと言えるでしょう。

どれぐらいの費用が必要になるか

男女

アパート売却をする場合に、不動産会社が仲介した方が便利なことは理解できたはずです。少なくとも自分で行うよりも1/10以下の時間で売却が可能になるでしょう。また、不動産会社の方で買い手を紹介してくれる可能性もありますので、ベストのタイミングで売却できる可能性も高まります。オーナー費用は、仲介手数料が基本になります。この仲介手数料は、おおよそどの不動産会社でも決まっており売却するアパートの3パーセント程度になると考えておけば間違いないでしょう。

仲介手数料以外にかかる費用

間取り図

これからアパート売却をする場合は、仲介手数料以外にも費用がかかることはります。具体的にどのような費用がかかるかといえば、ローンを組んでいる場合には、それをなくさなければいけませんがこのときに費用がかかります。この費用自体は、銀行によって異なるものの10万円前後になるでしょう。もう一つ大きな費用は、登記費用です。これは、不動産の所有権を移転させる場合は登記が必要になりますので司法書士にお願いをして登記をしてもらわなければいけません。この時の費用が30万円ぐらいです。

広告募集中